社員ブログ

未来の後輩へ

ブログをご覧の皆さんこんにちは。
今回は入社してから一年経過した私が、
就職活動を進めている学生さんに向け、
少しでもお役に立てればと思い、筆を執っております。

まず初めに、私のこの一年間を一言で言い表すと
「勉強」
これに尽きると思います。

「勉強」と聞いて少し抵抗がある方も多いのではないでしょうか?
私も学生時代にこの言葉を聞いた時、
少しでもこれに割く時間を減らせる様に……と考える程度には面白くないものでした。
テスト前に一夜漬けなんてのも良くやっていたものです。

いきなりですが、皆さんは勉強を何の為にしていますか?
私の場合、学生時代は「テストの為」。
社会人になってからは「生きる為」。
これが私が感じた勉強の目的です。

そしてこの違いが私を意欲的に取り組ませ、
充実した一年間にしてくれた正体だと思っています。

この違いをもう少し詳しく説明すると、
学生の時は「勉強をする事」が目的。
勉強をする事自体がゴールで、それをチェックするツールがテストということです。

社会人にとっての勉強は、仕事をする為の「手段」を得る事が目的。
勉強した成果を仕事で使う事がゴールで、
仕事をした対価としてお給料がもらえる、
つまり「生きる為」に必要になってくるんです。

更に言えば、勉強して身に付いただけ出来ることの幅が広がる。
新しい仕事にも挑戦できる可能性が増える。
結果自分の価値を高められるというおまけつき……。
こっちがメインですかね(笑)

なぜ就職活動中の学生さんに向けて
こんな事をつらつら書いているかというと、
「自分がやりたいと思う職種を学生時代に考えよう」
という一言の為でした。

勉強する事は自分の価値を高める為と言いました。
それを分かっていても、恐らく自分が興味のない事に対して勉強をする意欲は沸きづらいでしょう。
勿論、興味のない業界に入ったけれど仕事をする内に興味が出てくる、楽しくなる事もあると思います。
そうならなかった場合は、
結局転職をするという事に繋がる可能性があると思います。

その興味がある事、やりたい事を探すことが就職活動だと私は考えています。
企業に採用されるよりも大切な事だと思います。

現段階でやりたい事が無い方は、色んな企業の説明を聞く事も良いでしょう。
気分転換に旅行へ行ってみても良いでしょう。
どこでやりたい事が見つかるかは分かりませんからね。

そして、もしやりたい事が「システムを『創る』こと」だと思うのであれば、
弊社も候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。
会社説明会には、システムエンジニアとして働く先輩方が参加しているので、
現場の生の声をぜひ聞いてみてください。

皆様がそれぞれに合う企業と出会える事を願っております。

関連記事

社員ブログ

  1. こんにちは。
  2. 昨今、コロナウィルスのため密になることを避ける世情ですが、 密をさけて気分転換ができるということ...